« 保育園の違い | トップページ | 一人卒業 »

2020年5月14日 (木)

魔法の言葉

主人に最近歯ぎしりしてるよ、と言われ。
昔から寝言は言うっていうのは自覚してたけど初めていわれたのでびっくり。

でも、まさに自分が歯ぎしりしている音に目が覚めてさらにびっくり(笑)

歯ぎしりって、歯並びがいい人しかできないもんだと思ってた💦

歯医者さんに行ってみてもらうと
だいぶん肉ができてきて回復してるとのこと。
やっぱり?😃

治ってないようだったらもう一度口腔外科に行ってもらおうと思ってたって

やっぱり💥

 

ところで

最近

ちょっとずつみんながおかしくなってきてるなぁって思ってて。

ところが自分がちょっとずつ狂ってきていることに気づき始めた💥
人が狂ってるのを見ると怖い、くらいだけど
自分だとやばい、だ。

人は年を取るとどんな人でも若い時より厚かましいじゃないけど
大胆になるというか、細かいことは気にしなくなるというか。
あれって、そこまで考えられなくなるからだと思ってたんだ。

でも最近思うのは
生きてきて思い出して大声をあげたくなるようなことがどんどん増えてきて
開き直ったり忘れたり何でもないと思わないと生きていけないんだなと。

そんなことにいちいち憂いてたら死んでしまう。
だったら私は開き直れる能力を手に入れるのと、人生の汚点に悩まされる量の多さにつぶされるのと
どっちが先なんだろう???

すっかり忘れて普段通り過ごしていても
急に思い出して顔色が真っ青になるくらい自己嫌悪に陥てしまう、
抗うつ状態なのかな。

私の場合、人からするとそれほど大きな失敗や出来事でないことが多い。

なので理解されないだろうしこちらもそうは思わないし
だからこそ解決がなかなか難しい。
そもそも自己で解決する能力なんて持ち合わせていない。

こういう時、自分を強くする魔法の言葉があればと思う。
よく、薬をお守りにするとか聞くけど
何か一つ、私を強くする言葉があればなぁと。

私は両親に愛されずに育ったので
結局のところ、何かあっても自分が悪かったのではと思う節がある。
最近よく言われる自己肯定力ってやつが低い。

どんなことがあっても味方でいてくれる存在がないのはつらい。
主人は味方だけど、絶対かどうかはわからない。
それこそ浮気という裏切りがあれば私はすべてを失う。

娘はいるけど
私の味方というより保護者というか
育っていくうえで必要な人と思われてるんだと思う。
(これも自己肯定力が低いが故の発想だな・・)
そもそも娘に頼るっていうのはしたくないし・・
負担になりたくない。

ただでさえ、たまに急に奇声を発したりして
(急に出てくる嫌な思い出を消すために)
多少迷惑をかけているから。。。

 

人に頼らず、それでいて強くなれる何か。
たくさんある今の時間に何か得られたらいいな。

« 保育園の違い | トップページ | 一人卒業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 保育園の違い | トップページ | 一人卒業 »

フォト
無料ブログはココログ

朱鳥

お友達



  • そらおとちゃんが所属するモノづくりのメンバーブログ。

  • ママ友のかわいいブログです♪

  • 英語友達です。 このたびパン教室を開講されました!

応援