ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

お友達

応援

朱鳥

文化・芸術

2016年4月11日 (月)

プラチナデータ

昨日は借りっぱなしで全然読めていなかった
東野圭吾さんの「プラチナデータ」を読んだ。

仕事しだしてから家の掃除もままならないのに
本なんて読む暇ない!
って感じだったんだけど
昨日は比較的穏やかに過ごして
(主人が休みの日はなるべく掃除はしないようにしているのです)
主人がずっとマスターズを見ていて
テレビは占領されていたので
ビデオ消化もできないし
あ!
と思い出して読み始めたら。

もう一気です。
1日で結局読み終えてしまいましたshine

昨日のうちに読まないと読む時間がないと思ったし
先が気になって仕方がないだろうなと思ったので。

いやぁ、さすが東野圭吾さんって感じ。
これも確か映像化されてましたよね。
そちらも観たくなりました。

人物はいっぱい出てくるけどどれも個性的でキャラが強い。
簡単な説明だけで頭の中で想像が膨らみ
頭の中でセリフをしゃべっている様子が映像化されます。
すごい言葉の力だ。

一番びっくりしたのはラスト4分の1あたりで
意外な展開が繰り広げられるところ。
正直、残りのページ枚数で展開というのは
ある程度読み取れるのですが
そこでこんな展開になって
ページ数足りるの?!coldsweats01
って思っちゃいました。

そのときすでに子供たちは寝ている時間だったので
一人で「え!!」と声を出している私を主人が怪訝そうに眺めていました(笑)

おおよその流れは想像はついたものの
その流れが当たる当たらないかは関係なく
深いものを感じました。

面白かった。

いや、でないと1日でイッキ読みしないでしょうけども(笑)

読んですぐ布団に入ったんだけど
いろんな場面が浮かんだりしてなかなか寝付けなかったわ~~dash

最近、三女が勝手に携帯を触っては

「言っていることが確認できませんでした」

とたびたび携帯に言われているのでロックをすることに。
指認証、全然読まんなぁ・・・sweat02

結局パスコード入れる羽目に。
これもいつか破られそうな予感impact